Ryoの休日

アクセスカウンタ

zoom RSS 斑鳩(いかるが)を歩く

<<   作成日時 : 2011/12/14 12:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

新幹線を京都で乗り換え近鉄電車で奈良に向かう。
近鉄奈良駅から三条通りを1kmほど歩いてJR奈良駅に向かう。時計は正午を少し回ったところ、お腹もすいてきたのでおいしそうな店を探すがなかなか見つからず、香辛料の香りに誘われてインド料理店に入る。料理を注文して思い出せば、昨夜もカレーを食べた記憶が。

奈良駅から関西本線で4つ目の駅「王寺」で下車、国道25号線を北上して大和川にかかる昭和橋を渡る。
昭和橋の上から大和川。
画像



昭和橋を渡って右折し川沿いを進む。300mほど行ったところで左折して三室山方面に向かう。
三室山は100mもない小山である。登って山越え、と思ったが、先を急ぐので竜田川に向かう。

三室山近くの素敵な佇まい。
画像



竜田川周辺は風致地区に指定され、もみじを中心に色々な紅葉が楽しめる。
竜田川は古くから風光明美なところであったのか、たくさんの和歌によまれてきた。
百人一首の「ちはやぶる神代もきかずたつ田川 からくれないに水くくるとは」は有名な在原業平の歌。
画像



丁度紅葉が盛りで色とりどりの木々が青空に映えていた。
画像

画像




竜田川沿いを竜田大橋まで北上し、25号線を右折する。200mほど進むと国道と平行する旧竜田みちに入る交差点に着く。この交差点の信号横に「猫坂」の地名が。猫がたくさんいたのかと思いきや急坂で背を猫のよう にまるめて登ったことから名づけられたとか。
交通量が多く騒々しい国道25号線を後に旧竜田みちを法隆寺方向に向かう。
画像



竜田みちには今でも古い家並みが所々に残っている。
猫坂を上がってすぐの地酒屋さん。
画像

画像

画像




京都の秋はもみじがよく似合うが、奈良の秋は柿がよく似合う。
子規の柿食えば・・・・・の句はこの地にくれば、斑鳩の里の情景を見事に捉えていることがわかる。
澄んだ空気、柿の実が青空に映えて、遠く鐘の音でも聞こえてくれば。
画像




竜田みちを500mほど行くと竜田神社の前にでる。
竜田神社は法隆寺建立にまつわる伝えがあるほど古い神社であるが、現在の社は新しく、われわれがいだく古いイメージはない。
画像




竜田神社から1kmほど行くと法隆寺の五重塔が見えてきた。
法隆寺の古い建物や仏像、宝物を拝し、鑑賞するには余りにも数が多すぎる。大宝蔵殿に陳列されている什宝をゆっくり拝観するだけでも1日はかかるというもの。
何はともあれ、西院金堂の中尊である金銅釈迦三尊像と東院夢殿の観音菩薩像(救世観音)だけは是非拝したい。
画像


休憩所近くで見かけたまだ若い三毛猫
画像



五重の塔と金堂
画像



大講堂、昨年行った新薬師寺の本堂によく似ている。
画像


夢殿
画像

時間があれば中宮寺−法輪寺−法起寺と回る予定であったが、なにせ秋の日はつるべ落とし、次の機会を楽しみにJR法隆寺駅に向かう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
斑鳩(いかるが)を歩く Ryoの休日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる