Ryoの休日

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都大原の里を歩く

<<   作成日時 : 2013/04/17 14:44   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

4月14日の日曜日に大原の里を散歩した。
大原でバスを降り、まずは三千院へ。

画像

バス停から三千院までは、土産物屋が並ぶ小川沿いを500mほど歩く。
橋の上に和傘が2本並べられ、小川は新緑と桜を映していた。


画像

15分ほど歩いて三千院の山門に到着。
市街の桜は既に終わっているが、大原は山里で標高が少し高いせいか、丁度桜が満開だった。


画像
往生極楽院
画像
童地蔵




画像

三千院から100mほど上がったところにある見事な宝泉院の桜




画像

三千院を後に南東方向へ下る。
道沿いには沢山の古民家が見られる。以前は茅葺き屋根だったろうが、今はトタンに葺き替えられている。
小さなわらぶき屋根の古民家も数軒見ることができた。




画像

粋なコーヒーショップ。
古民家の多く見られる場所ではちょっと不釣り合いな感もあった。




画像

コーヒーショップ向かい、「友遊庵」と書かれた案内板が。非毛氈のいすが置かれているのでお茶でもいただくことができるのだろうか。枝垂れ桜が綺麗だった。



画像

500mほど下ったところで道を東寄りに取り、高野川を渡り寂光院へ向かう。



画像

川を渡った畦から里山の全景。桜が満開



画像
画像
画像
画像
画像

里道を寂光院へ向かう。
1kmほどの道の両側には沢山の古民家が並び、桜、木蓮、石楠花、菜の花など色とりどりの花が目を楽しませてくれる。


画像

寂光院に到着。
画像

画像

寂光院は平清盛の娘・建礼門院が平家滅亡後隠棲したという尼寺。
2000年5月不慮の火災により焼失した本堂が再建され、丁度、建礼門院800年御遠忌法要が執り行われていた。また、旧本尊と建礼門院ご持佛「普賢延命菩薩像」が公開されていた。焼失した旧本尊は真っ黒に炭化していたが、原型は留めていた。




画像

バス停に帰る途中で見かけたレストラン。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都大原の里を歩く Ryoの休日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる