Ryoの休日

アクセスカウンタ

zoom RSS 三条通りを歩く

<<   作成日時 : 2013/04/17 18:03   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

烏丸通りから寺町通りまで、三条通りをメインに路地を覗きながら約1kmの区間を散策した。
青く澄んだ空の下をのんびりと歩いてみた。

画像

京都駅から地下鉄烏丸線に乗り4つ目の駅烏丸御池で下車。
地下鉄の階段を上がって烏丸通りに出ると、すぐ目に飛び込んでくるのはみずほ銀行京都中央支店の赤レンガに白いストライプのビル。古いビルではないが、明治の辰野式(辰野金吾:1854〜1919、現在の佐賀県出身の建築家)ビルを再現したそうだ。


画像

100mほど進むと左手に中京郵便局の赤煉瓦の建物が。
明治35年竣工。歴史的建造物の保存などを目的として日本初の実施例らしい。中に入ってみたが、内部は改修されていた。


画像

京都文化博物館別館
日本銀行の京都支店として、辰野金吾の弟子である長野宇平治の設計により明治39年に建築された。国の重要文化財。


画像
高倉通りから望む京都文化博物館別館


画像

博物館別館から100mほど行った左手、境町通りを越えてすぐ角にある分銅屋という名の足袋屋。
黒塗りの店構えが印象的。ウインドウには足袋3足並べられ、一足からでもお売りしますと書かれていた。



画像

画像

境町通りを右手に入って50mほどのところにある「イノダコーヒー」本店。
朝食を食べてなかったので、モーニングをと思ったが、店内には順番待ちの列が。
内装も落ち着いて素敵だった。




画像

足袋屋から30mほど行った左手にある日本生命京都三条ビル。辰野金吾と片岡安の設計により大正3年に建築されたそうだ。西側は新しく、東側だけが残された。



画像

日本生命ビルの先、柳馬場通りを右折したところにある自然食バイキングの店「松富や壽」。



画像

三条通りに戻り、柳馬場通りの先右手にある「YMCA」のビルを越すと「日昇別荘」という名の純和風旅館が見えてくる。



画像

富小路通り手前左手に立つSACRAビル。
旧不動貯金銀行京都支店として大正5年頃に建築され、現在はテナントビルとして活用されている。国登録有形文化財。



画像

富小路通りを越えた場所から烏丸通り方向。



画像
画像
富小路を過ぎて右手にグロテスクな店が。
赤煉瓦の洋風商業建築。明治23年建築で以前は時計店だったそうだ。



画像

洋風商業建築の向かいにあるポールスミス三条店。ポールスミスの専門店がこんな場所にあるとは。
それにつけても印象的な店構えだ。月曜日で店は休みなのか、まだ開いてなかった。



画像
画像
画像

1928ビル(旧京都大毎会館)
アールデコ風の建物でバルコニーや玄関のランプが特徴的。
昭和3年に建築され、平成10年までは毎日新聞社京都支局として利用されていたそうだ。
現在はギャラリーやレストランとして活用されている。



画像

寺町通り近くの町屋風の歯医者。最新の医療器具は備わっていないように思えるが、腕のいい先生が居そうだ。



画像

三条商店街に到着。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三条通りを歩く Ryoの休日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる